Top scroll aeca520900340ee499f2aaf9d3eb2d155f5d665497449980ed2fbdfaf370fd34

キレイのヒミツは肩甲骨にあり! 美背中メイク術

最終更新日:2017年09月26日
09a 0095

最近、自分の背中を見たことがありますか? 実は、25歳から背中のラインが“おばさん化”してくるという話もあるんです! 今回は、“美しい背中を手に入れて、内側からも輝く全身美人を目指す”美背中メイクトレーナー・Maikoさん直伝、背中のストレッチをご紹介。肩甲骨を動かし、背中を柔らかくしてあげると全身の代謝が良くなっていくのだそう。気持ちが良いだけでなく肩こりもスッキリ! 姿勢が良くなるため、後ろ姿が美しくなり、実はバストアップも期待できますよ。

美背中トレーナー Maikoさん

Maikoさん

美背中メイクトレーナー

全国大会優勝経験をもつ美背中メイクトレーナーMaiko
『メリハリボディは、背中から』

普段意識していない肩甲骨を動かす美背中メイクレッスン。
「いつでも、どこでも、簡単に」をコンセプトにエクササイズを考案。

メディアに取り上げられるなど、今注目の美人トレーナー。
国家資格をもつ理学療法士に対しても、指導を行っており、医療現場でもMaikoのエクササイズが応用されている。

教室情報を見る

普段はなかなか使わない背中を動かして“ハミ肉”をスッキリ!

なかなか背中には意識が向きづらいですが、動かさないでいると、ぜい肉が付きやすい場所。今回ご紹介する「美背中メイク」のワークアウトを続ければ、気になる“ハミ肉”を撃退! 背中を動かす前に胸の横にある「小胸筋」をストレッチ。その後、基本のポーズ2種を各々1日10回×2セット続けてください。

可動域が広がる!「小胸筋」ストレッチ

(1)右の前腕を壁に付け、ひじを直角に曲げて立つ

背中を柔らかくする前に、小胸筋を伸ばすストレッチから。まずは、右腕を横に広げて前腕(ひじから下)を壁にピタリとつけます。このとき、ひじの角度は90度に曲げて立ちましょう。

(2)左脚を1歩前に出し、膝を曲げる

左脚を大きく1歩前に出してそのまま膝を曲げます。腕は直角に曲げた状態のまま、胸を壁に近づけるように踏み込みながら、10秒間フーッと息を吐きます。左右1回ずつしっかり小胸筋をストレッチしましょう。

(3)前腕を上にあげるとさらに効果アップ

慣れてきたら、前腕を上にあげてヒジを広角に曲げます。同様に、腕と反対の脚を1歩前に出し、膝を曲げて胸を壁に近づけると、小胸筋をさらにストレッチできて、可動域が広がります。10秒フーッと息を吐きながら左右1回ずつ。

背中を柔らかくする「美背中メイク基本のポーズ」

(1)両腕をまっすぐ上げ、手のひらを合わせる

両腕を耳に付けるような気持ちで上にあげて、手のひらを合わせます。
鼻から息を吸いましょう。

(2)手のひらを外に向け、両腕を下げる

(1)の姿勢からフーッと息を吐きながら、肩甲骨をギュッと内側に寄せる意識で胸を開きます。

(3)両腕を曲げたまま肩甲骨をギュッと寄せる

手のひらを外側へ向けたまま、両腕が背中より後ろに来るように下げていきます。肩甲骨をギューッと寄せて、フーッと息を吐き切ります。これを10回×2セット。

背中のぜい肉燃焼!「引くけどオッス(押忍)!」

(1)手のひらを下にして前へ突き出す

両手を伸ばして、手のひらは下にして指先まで伸ばします。鼻から息を吸って。

(2)手のひらを上に向けて、こぶしを握り後ろに引く

こぶしを引くのに合わせ、両ひじを曲げて脇を引き締めます。口から息をフーッと吐きながら(3)へ。

(3)応援団のように、ひじをグッと引き、背中を引き締める

こぶしを握ったまま、両ひじで背中の肉を寄せるように引きます。
応援団長の「押忍!」のようにググッと気合を入れて! ひじを引き切ると同時に、息を吐き切りましょう。1日10回×2セット。

パーティドレスがキマる美背中へ! 朝晩2回、10セット!

背中を動かすことは、肩甲骨を柔らかくして可動域を上げていくことです。きれいな背中になると、大胆に背中が開いたドレスも美しく着こなせますよ。まずは今回ご紹介した美背中のための3種のポーズを朝晩続けてみてください。3週間後には変化を実感できます! スタジオではさらに背中を動かすコツを学ぶことや、パーソナルトレーニングも行われていますので、気になった方はぜひ体験してみては?

Maikoさんの教室情報

  • 教室名

    Total Body Kスタジオ 白金高輪

  • 住所

    〒108-0074 東京都港区高輪1-17-15 オーク高輪4F

  • 電話番号

    0066-9688-11762