EPARKスクール

Mypage
Top scroll 30b05992f15022462730656d64af7aa1acf78bfbb6cf6be253deb211d0ea6407

腰を使った魅惑の舞踊「タヒチアン・ダンス」でクビレ実現!

最終更新日:2017年12月14日
S kv dsc 0431

タヒチアンダンスとは、南太平洋に浮かぶフランス領ポリネシア諸島で産まれ、ハワイを始め世界各地で踊られるようになったポリネシアンダンスの1つです。 現地では伝統楽器の生演奏のもと、ダンサーたちがチームを作って踊りの技術を磨き競い合います。下半身、特に胸の下から太ももあたりを激しく動かすことから、腹筋を鍛え、お腹・太もも周辺のシェイプアップが期待できますよ。

タヒチアンダンスのTasha(カマルゴ・ルラン  ターシャ)先生

Tasha(カマルゴ・ルラン ターシャ)さん

Te Mana O Te Ra Dance School主宰

タヒチの有名プロダンスグループHeikura Nuiに生徒達を引率し、Heiva I Tahiti(ヘイバ・イ・タヒチ/ポリネシア最大のダンスやスポーツのコンペティション)に出場を果たしている。 2009年からほぼ毎年、2~3ヶ月間タヒチに滞在し、さらなるダンス技術の研鑽を積んでいる。現地の有名ダンスグループより過去6回Heiva I Tahitiに出場している唯一の日本人。所属グループの準優勝グループの経験有り。

教室情報を見る

左右に腰を動かす「Tamau (タモ)」をベースに下半身シェイプ!

ひざを少し落とした中腰の姿勢で、お腹を締め、腰を左右に力強く動かします。腰のくびれはもちろん、お腹も引き締まり、お尻の筋肉(大殿筋)もグッと上がります。タヒチアンダンスの基本の動きなので、まずはこの動きを練習してみてください。

腰を左右に動かし、下半身全体を鍛えましょう!

(1)脚を揃え、ヒザを曲げる

イメージ写真 (1)脚を揃え、ヒザを曲げる

まずは、両ヒザと脚を揃えて立った状態から、ひざを曲げて腰を落とします。左右のかかとをピッタリくっつけ、地面にもくっつけましょう。

(2)背筋を伸ばし、胸を開く

イメージ写真 (2)背筋を伸ばし、胸を開く

(1)で腰を落とした状態のまま、両手を肩に置いて胸を開きます。身体の軸をまっすぐにする意識で背筋を伸ばし、お尻をグッと上げましょう。

(3)両手でバランスを取り、腰を左に振る

イメージ写真(3)両手でバランスを取り、腰を左に振る

身体はまっすぐのまま、両手を開いてバランスを取ったら、バストから下だけを動かします。まずは、腰を右にアップ。

(4)左右交互に、高速に振ります

イメージ写真(4)左右交互に、高速に振ります

次に腰を左にアップ。下半身のみ、(3)から(4)を繰り返し、高速で左右に振ります。10分も続けたら、くびれにしっかり効いて汗びっしょり!

腰を八の字に動かす基本の動きのひとつ「Varu(バル)」

(1)腰に手をあて、右腰で前から後ろに円を描く

イメージ写真(1)腰に手をあて、右腰で前から後ろに円を描く

両脚を揃えてひざを曲げ、かかとをピッタリくっつけます。腰に手をあて、腰を左右交互に八の字に回します。まずは右の腰を使って前から後ろに、右回りで円を描くように回します。左足のかかとが少し上がってしまうまで、しっかりと右に円を描きます。

(2)続けて左腰で前から後ろに八の字に円を描く

イメージ写真(2)続けて左腰で前から後ろに八の字に円を描く

今度は左の腰で左回りに。体の芯はまっすぐにキープ。高速で腰を右回し・左回しとつなげ、八の字をリズミカルに描きます。5分くらい続けて動かしてください。腰のくびれにかなり効くはず!

(3)腰全体で円を描く「 Ami (アミ)」をプラス

イメージ写真(3)腰全体で円を描く「 Ami (アミ)」をプラス

下半身のポーズはそのまま、両手でバランスを取り、腰全体で丸く円を描く動きを続けて行いましょう。右回りに4 回転・左回りに 4回転と 、リズミカルに交互に描くことを同じく5分くらいをめどにして。腰やお腹の引き締め効果に期待大!

Varu(バル)の応用編、腰で八の字を描きながらしゃがむ-回る-立ち上がる

(1)八の字を交互に描きながらしゃがんでいく

イメージ写真(1)八の字を交互に描きながらしゃがんでいく

背筋を伸ばし、腰で八の字を描く「Varu(バル)」の動きをしながら、少しずつしゃがんでいきます。

(2)八の字を描きながら回る

イメージ写真(2)八の字を描きながら回る

腰で八の字を描きながら、しゃがんだままで右回りに回転していきます。重心を取るのは初心者には高度ですが、チャレンジしてみて。太ももやふくらはぎ、足首の引き締めにかなり効きそうな上級技! 

(3)八の字を描きながら立ち上がる

イメージ写真(3)八の字を描きながら立ち上がる

腰を八の字に交互に回しながら、太ももやひざでしっかり支えて立ち上がりましょう。身体の芯がしっかり鍛えられますよ。

産後の悩めるボディラインにも最適!?

実は、 Tasha(ターシャ)先生自身が証明されているんです! 出産後に10kgほど体重が増えてしまった先生でしたが、タヒチアンダンスの指導に週3回復帰しただけで、5ヶ月間でお腹が引き締まり、体重もすっかり元通りになったそう! 美ボディを目指したい方は要チェックですね♪
先生のスタジオでは踊りを学ぶだけでなく、衣装を着けて、レストラン等で披露する場も設けられているとのこと。タヒチアンダンスという伝統芸能に魅せられ、タヒチで開催されるコンペの出場を目指すという生徒さんも。ぜひ、みなさんも挑戦してみませんか。

Tasha(カマルゴ・ルラン ターシャ)さんの教室情報

  • 教室名

    Te Mana o Te Ra Dance School 四ッ谷クラス

  • 住所

    〒160-0008 東京都新宿区三栄町16-2 名倉堂ビル 3F

  • 電話番号

    0066-9688-16205