Main image 2016 08 10 212302

〇〇なダイエットはリバウンドの危険性大!


ダイエットが成功したと思ったら、一ヶ月後に元の体形に・・・

約半数が経験している女性の敵、リバウンドです。

こんなはずじゃなかったのに、

でもどこに原因があったの?

それではリバウンドの原因を探ってみましょう。

 

リバウンドとは

ダイエットを止めた後に、体重が元に戻ってしまったり、

それ以上に増えてしまう現象のことです。

無茶な食事制限や自分に合わない運動が原因となり、ダイエットを途中で挫折してしまうことでリバウンドが起こり、

その行動を繰り返し行うことで、今までよりも太りやすく、さらには痩せにくい体質になってしまいます。

 

リバウンドなぜ起こるの?

原因その⒈ ホメオスタシス

別名「恒常性」ともいいます。

ホメオスタシスは体の内部環境を生存に適した一定の状態に保とうとする機能のことです。

 

急激なダイエットで体重が短期間で落ち、これ以上体重が落ちると危険だ、とホメオスタシスが判断すると、

仕事中は食事から摂取するエネルギーの吸収率が上がり、消費エネルギーが抑えられるため、体重が落ちにくくなります。

しかも、一度危険だと判断されると、そのまましばらく機能し続けるため、

食事量や運動量を元に戻すと、余分なエネルギーを摂取してしまい、リバウンドが起こってしまいます。

 

原因その⒉ レプチン

食後に満足感を得られると思いますが、これはレプチンというホルモンが仕事をしているからです。

レプチンは脳に満腹と伝える役目を果たしているので、うまくコントロールが出来ると、食べすぎを防いで、食欲の抑制も可能となります。

気をつけなければいけないのは、レプチンが仕事を開始するのは食事を始めてから20分程経ってからとなるので、

急いで食事をすまそうとすると、満腹感を得られず、逆に食べすぎてしまう原因となります。

 

そのため、中途半端なダイエットはリバウンドの可能性大なんです!!!

 

リバウンド回避3つのコツ

 

リバウンドの仕組みは分かりましたか?

次はダイエット成功の秘訣リバウンドしにくい体質の作り方をご紹介します♪

 

  • 目標設定を小さく定める

いきなり、「私はこれから20キロ痩せる!」と目標を掲げてもいいかもしれませんが、

先ほどお話したホメオスタシスが邪魔をして、途中で挫折してしまうことが多々あります。

その回避方法は、例えば、「私はこれから2キロ痩せる!」など、無理のない目標を設定しましょう。

その目標を達成したら、次の目標も小さく設定し達成の繰り返しを行うことで、達成感を得られます。

達成した自分を褒めてあげて、小さな努力をつみ重ねていきましょう!

 

  • 食事はゆっくりと食べる

食事開始20分後くらいから、レプチンの働きにより満腹感を得られやすくなります。

よく噛んで、ゆっくりと食事をすることで、レプチンを上手にコントロールしましょう!​

 

  • <重要>運動で基礎代謝を上げる

基礎代謝とは、じっとしてても消費されるカロリーのこと。

何もせずにカロリーが消費されるので、基礎代謝が高い人のほうが太りにくいカラダといえます。

どうやったら基礎代謝が上がるのか・・・

 

それは

 

「有酸素・無酸素運動」です!

 

有酸素運動・・・ゆっくり、長く続ける運動のこと

ウォーキング、ランニング、ダンス、自転車、太極拳など

 

無酸素運動・・・瞬発的で、すぐ息切れをしてしまうような運動のこと

筋トレ、スクワット、短距離走など

 

どちらもカバーできる運動や施設もたくさんあります!

ボルダリング、ボクシング、サッカー、テニスなど

 

趣味として始めるもよし、本気で教室に通ってもよし、

あなたに合った、長く続けられる運動を選びましょう♪

 

基礎代謝をあげる

おススメの運動は?

編集部がおススメする運動は「ダンス」です。

ジャンルによって音楽や動きが様々なので、

自分が好きな音楽や、引き締めたい部分によってダンスのジャンルを選べるところがポイント♪

でも実際にダンスを体験してみないと、どのダンスが自分に合っているのか分かりませんよね?

そんな方におススメの、お得にレッスンが受けられるダンススクールをご紹介します!

 

サンプル



条件に合う講座はありませんでした。