【Report92】キレイなポットのポーセラーツを作れるようになりたい!/サラさん - 【ガチレポ!】現場のリアルなレポート|EPARKスクール
EPARKスクール

Mypage

EPARKスクール体験レポート目標達成まで徹底サポートキャンペーン EPARKスクール体験レポート目標達成まで徹底サポートキャンペーン

趣味を極める!

ポーセラーツ

アーティスト | 20代 サラ(東京都)

アーティスト | 20代
サラさん
(東京都)

キレイなポットの
ポーセラーツを
作れるようになりたい!

キレイに彩られたポットのポーセラーツを見て自分でもやってみたいと思いました。でも局面に転写紙を貼るのはすごく難しそう……。難しくないものからだんだん練習していって、最終的にはポットをキレイに彩りたいです。

キレイに彩られたポットのポーセラーツを見て自分でもやってみたいと思いました。でも局面に転写紙を貼るのはすごく難しそう……。難しくないものからだんだん練習していって、最終的にはポットをキレイに彩りたいです。

担当したのは……

恵比寿To BE BEIGE

鈴木 利奈さん
プロフィール

ユーザー評価:4.2

楽しく作りましょう!

鈴木 利奈さん
プロフィール

Before & After

Lesson MENU

  • Lesson1

    転写紙を選ぶ/白磁に転写紙を貼る/先生のチェック

  • Lesson2

    配置決め/水抜きしながら貼付/金彩

  • Lesson3

    目標のティーフォーワンに挑戦!/先生のヘルプ!/全体のバランスを考えてデザイン

REPORT

本気のチャレンジ現場に
潜入&密着!

目標達成までの"リアル"をお届けするために、密着取材を敢行しました。

    Lesson 1

  1. 転写紙を選ぶ

    レッスン風景1

    ポーセラーツでいちばん楽しいのがこの作業。約500種類の転写紙の中から選択可能です。『サラさんは親戚の女の子にプレゼントするため、喜んでもらえそうな柄にしました』。

  2. 白磁に転写紙を貼る

    レッスン風景2

    白磁と転写紙の中に空気や水が入っていると水泡ができ、焼成後に破れて穴になってしまいます。せっかく貼った模様がはがれてしまうため、注意して進めていきます。

  3. 先生のチェック

    レッスン風景3

    最後は水や空気がしっかり抜けているかを先生にチェックしてもらえるので安心。ところどころにわざと切り込みを入れることにより、気泡を確実に抜いていきます。

  4. 転写紙同士のデザインの相性を考えたり、バランスよく配置するのが難しかったです。ちょっと位置をずらすだけで雰囲気ががらっと変わってしまうので頭を使いました。使いたいものを全部使うのではなく、全体の雰囲気やバランスを考えて、使うのか使わないのかを冷静に見極めなくちゃいけないと思いました。

    サラさんが親戚の女の子に喜んでもらいたいという気持ちが作品から伝わってきて嬉しい気持ちになりました。転写紙は、手の熱を使ってアイロンのように伸ばしながら貼っていくのがポイント。これができるようになると自由に操作することができ、角度がある場所にもキレイに貼ることができます。

    Lesson 2

  1. 配置決め

    レッスン風景1

    仕上がりをイメージしながら、模様の配置を決めていきます。今回は10号の大皿にチャレンジ!「自分用のケーキのお皿にしたいと思います」。

  2. 水抜きしながら貼付

    レッスン風景2

    水を含ませておいた転写紙をお皿にのせ、水を抜きながら貼り付けていきます。『ワイプアウトツールを使い、丁寧に行ないましょう』。

  3. 金彩

    レッスン風景3

    専用のツールを使い、お皿のフチに金色の彩色を施していきます。『繊細な作業になりますので、お皿をしっかり固定しながら行ないましょう』。

  4. 金彩の作業は今回で2回目ですが、なかなか慣れない部分が多いですね。もっとスムーズに作業できるようがんばります。転写紙の配置バランスで作品の印象がガラッと変わってしまいますし、私もしっかりポーセラーツの技術を学んで、オシャレな作品を仕上げられるようもっと追及していきたいです!

    サラさんは「作ること」にだいぶ慣れてきたと思いますね。たくさん作ればそれだけうまくなっていくと思いますので、色々な作品にチャレンジしていってください♪ 様々なのデザインを思いつくのが、サラさんのスゴイところだと思います! より良い作品を目指して、一緒に楽しんでいきましょう。

    Lesson 3

  1. 目標のティーフォーワンに挑戦!

    レッスン風景1

    最終回はポットとカップが重なった”ティーフォーワン”に挑戦。『前回までのプレートとは異なり全体的に曲面で構成されているため、転写紙を貼るのが難しいです』。

  2. 先生のヘルプ!

    レッスン風景2

    特に難しいのがポットのフタの部分。少し大きめに切った転写紙を表面から裏側にかけて貼っていきます。『転写紙を手で温めながら伸ばしていくとキレイに貼ることができます』。

  3. 全体のバランスを考えてデザイン

    レッスン風景3

    「ポット本体とソーサーは小鳥の転写紙、ポットのフタとカップを淡いピンクにすることで、バランスのいい配色になりました」。

  4. 目標としていたポットのポーセラーツをかわいらしく作ることができて嬉しいです。デザインの組み合わせに悩みましたが、先生にストライプのアイデアをいただいて魅力ある作品に仕上がりました。ポーセラーツ自体、最初は自分にできるか不安でしたが、始めてみたらのめりこんでしまうほど楽しかったです。

    今回ガチレポ最終回ということでさまざまなテクニックを盛り込み、経験していただきました。ポーセラーツ界で「いつかは作ってみたい」と言われているティーフォーワンを魅力ある作品に仕上げていただき、またサラさん自身が好きな柄で大作を完成ささせたことをとても嬉しく思います。できあがりがほんとうにかわいらしい♪

今回通ったスクールは……

  • 恵比寿To BE BEIGE

    ユーザー評価:4.2

    最低料金:
    ¥3,800~

    営業時間

    月・水・木・金11:00-18:00(16:00)/土・日11:00-21:00(19:00)

    定休日

    火曜日

    住所

    〒150-0011
    東京都渋谷区東2-29-7
    スペランザ恵比寿202

    アクセス

    恵比寿駅より徒歩6分

ネット予約

電話受付時間 10:30〜19:00

閉じる