フロントエンドエンジニアになるために勉強すべきことって何? (第3回) - 【ガチレポ!】現場のリアルなレポート|EPARKスクール
EPARKスクール

Mypage

EPARKスクール体験レポート目標達成まで徹底サポートキャンペーン

2017.3.9

フロントエンドエンジニアになるために勉強すべきことって何? (第3回)

こんにちは!
YOSHIです。

フロントエンドエンジニアになるために勉強すべきことって何? も3回目の投稿になりました!!

今回も中小企業診断士の先生が授業をしてくれました。

前回の課題は自分のやりたいアプリのビジネスモデルをつくるとい事。
その課題を元に今日はチームでビジネスモデルを作るという内容です。

ぼくはgoogleトレンドで調べたところ「腹筋女子」「ゴル女」「ジョガー」「マインドフルネス」「ヴィーガン」というキワードが増えている事とスポーツ用品の売り上げが右肩上がりなので一昔流行ったLOHAS的な色の「オシャレなスポーツ用品が買える」「リア充女子が通えるスクールの紹介」「健康的でオシャレ食事」「健康的な食事レシピ」をまとめたオシャレと健康を意識した女性向けサイトを考えました。

チームでビジネスモデルを作るために前回習ったブレストをして
出した案をグルーピングしてビジネスモデルを作成しました。

%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88

作成したビジネスモデルはすでにビジネス化が始まっていました。
そのサービスと差別化する必要があるとアドバイスをうけました。

で今回習った重要なポイントはフロントエンドエンジニアはWEBの閲覧者が見る
ページのデザインをする仕事なのでビジネスモデルを理解してそのビジネスモデル
がうまくいくようにデザインを考える必要があるという事でした。

最後にHuberのビジネスモデルをおそわりました。
Webビジネスって理念や対応をいちいちWeb化しなくちゃいけないから
そりゃデザイナーやエンジニアの需要はふえるわぁと思いました。

kougi

最後に
フロントエンドエンジニアってWEB世界の営業マンですねW

では、また投稿いたします!

 

今回通っている教室はコチラ

【Webデザイン】Creator's Hive

この記事をシェアする

次の記事を読む

コメント