イタリア語 チェッリーニ 国立校の写真1

フランチェスコ・アレーナ
フランチェスコ・アレーナ

  • 1996年にイタリア語を教えたいという希望をもって日本にやってきました。イタリアでは美術学校で絵画を学んだこともあり、1997年に東京の絵画修復学校でイタリア語を教える機会を得、またイタリア文化会館や日伊学院等の語学学校で講師としてのキャリアを重ねました。絵画展覧会に出向き参加者さんを前に作品を解説する講座等も担当しました。
    かのピカソも言っているように“人生は芸術、芸術あっての人生”です。日本でこのことを実現できる環境に恵まれました。2001年に私の学校“チェッリー二”を開校しました。長年重ねた講師としてのキャリアを活かし、語学はもちろん、イタリア料理、エトルリアのようなイタリアに開花した古代文明、ローマ帝国の歴史等さまざまなイタリア文化を紹介する講座を行っています。マザッチョ以降の芸術家らが描いたフレスコ画、ステンドグラスなど実際に当時の技法を使って作品を作る講座や、自家製ジェラート、マンマ直伝のパスタを作る講座など多岐にわたる分野の文化講座を実践しています。絵を描くのが大好きですので、授業ではホワイトボードにサッとイラストを描いていますが、これがわかりやすいと生徒さんに好評です。
    イタリア語とイタリア文化に魅了された皆様に満足していただけるような、そしてもっとイタリアのことを知りたくなるような講座を開講して、皆様をお待ちしています!
    講師からのお知らせ

Feature
おすすめ特集