東京バレエ劇場附属 松戸バレエ研究所の写真1

田沼 万帆
タヌマ マホ

  • 日本バレエ協会会員

    赤土バレエ・アカデミーにて赤土幸子・幸雄に師事してバレエを始め、後、野川順子、榎本誠之介、横山はるひ等に師事。
    東京バレエ劇場バレエ団に入団し、同団公演の総てでソリストとして活躍。
    主なレパートリーとしては「白鳥の湖」のオデット、一幕パ・ド・トロワ、「眠れる森の美女」のオーロラ、フロリナ女王、
    「くるみ割り人形」の金米糖、雪の女王、「ジゼル」のジゼル、「コッペリア」のスワニルダのソリスト等がある。

    東京バレエ劇場バレエ団団員としてロシア国立ノボシビルスク・バレエ団と共演の他、
    ロイ・トバイアス(アメリカン・バレエ・シアター出身。バランチンの愛弟子で後に韓国ユニバーサル・バレエ団芸術監督等を歴任)、
    ジャック・カーター(ロンドン・フェスティバル・バレエ団:現イングリッシュ・ナショナル・バレエ団芸術監督)、
    ジェラード・シヴィリトゥ(元ロンドン・フェスティバル・バレエ団ファースト・ソリスト)、
    セルゲイ・クルプコ(ロシア国立ノボシビルスク・バレエ団芸術監督)等から直接指導を受け、その振付作品を数多く踊る。

    昭和61年より旧東京バレエ劇場附属松戸バレエ教室(当時は松戸駅東口のレンタル・スペースを週2日のみ借用して使用)の前任教師の引退に伴い本教室の専任教師に就任し、
    その後は本教室のオーナー兼主宰者として旧東口稽古場の2倍以上の広さを持つ現在の占有稽古場に移転し、数多くの後進の指導育成にあたる。

PICK-UP
おすすめ特集