ボディメイクスタジオヴィヴィッドの写真1

齊田優(さいだゆたか)
サイダユタカ

  • 理想(本当の自分)を想い描き、今の現実を認識し、適切な手段を選択し、確実に遂行し、そして手に入れる。

    ただ闇雲にひた走る。それではいつまでたっても達成は出来ません。
    まずは理想の姿(本当の自分)を想い描く。
    ビキニを着て綺麗な海岸に立つ自分、あこがれのブランドの細身のパンツを履きこなしている自分、六つに割れた腹筋、誰もが羨む素敵なカラダ。わくわくしてきませんか?

    まずは今の現状をしっかり認識する。なぜ今の状況になっているのか。生活習慣や、食事習慣、そして考え方。そこには誰かの力が必要になります。
    というのも、自分自身の事は、実は見えているようで見えていなかったり、自分では当然と思っていたことも実は違っていたり、自分では気づかない自分を知るには、外からの情報が必要になるからです。
    そして今の自分の事をしっかりと認識して行くのです。

    そこで初めて理想の自分と今の自分とのギャップが見えてきます。
    そしてそのギャップを埋めるために、適切な運動、適切な食事、有益な考え方という手段が見えてきます。しかし、その手段というのは人それぞれ千差万別。
    性別、年齢、身長、体重、生活環境、仕事内容など、誰一人同じ条件ではありません。それを十把一絡げにこれと決めつけて、枠に当てはめるという事は、理にかなっていません。
    一人一人の個性、背景を尊重し、あなたの理想の為のあなただけの手段が必要になってくるのです。

    手段が明確になれば最後は実践。ここが最後の正念場。やるかやらないか。人間、やはりどうしても過去の習慣や考え方に引っ張られる事が多々あります。分かってはいるんだけどついつい。
    これには相当なエネルギーが必要になります。だからこそパーソナルトレーナーや管理栄養士を思う存分活用してほしいのです。

Feature
おすすめ特集