あべこべ体操 椎名町クラスの写真1

北洞誠一
キタホラセイイチ

  • 30年以上、健康づくり・体力づくりの仕事を続けている。その間、乳幼児のたくましい体づくり指導、企業労働者の健康づくり事業、高齢者の身体機能回復指導、そして幼児教育科専攻学生の授業の現場に携わる。
    自身の幼少時からの肩こり・腰痛、学生時代のスポーツ・武道実践時の様々な怪我、そして20代の鬱症状の体験から、心身の健康を保つには、「身体の余計な緊張を取り、楽に動ける身体を作り、心に余裕を持つこと」の必要性を強く認識する。「心は身体に現れ、身体が心に影響を与える。目に見える身体からアプローチするのが自分にはわかりやすい。」と感じた。そして、身体の緊張を取り改善するために様々なセラピー、ボディワーク、健康法を試す。その中でも「自己の気付き」を自己改善の最重要ポイントに置くフェルデンクライス・メソッドの指導者養成コースに参加し、2004年指導者資格を取得する。フェルデンクライス・メソッドのクラスを主宰しながら、フェルデンクライスをアレンジして、より簡単で分かりやすくした「あべこべ体操」を考案し現在に至る。

Feature
おすすめ特集